Cybabaブログ

Cybaba,渋谷パソコン修理工場ブログ

渋谷ランチ記/トラディショナルな珈琲館!

※この記事は旧ブログから引っ越してきたもので、内容は2019年5月9日掲載記事の転載です。

 

f:id:pcfactory:20190806113723j:plain

こんにちは!Cybabaデザイン担当の梅子です!
ばたばたしている間に既に5月も半ばに突入しようとしています。
つまり2019年の折り返しも近いということですが皆さんは思うような毎日を過ごしていらっしゃいますでしょうか。

私は地方から東京に移り住んでから、関東チェーンのカフェでは珈琲館が一番好きです。
手焼きの分厚くない・スフレじゃない正統派ホットケーキが食べられるところとか。
そんな珈琲館のセルフ形態店舗が渋谷駅近くにあります。
VELUDO COFFEE-KAN 渋谷店です。

 

f:id:pcfactory:20190806113728j:plain

タワーレコードと同じ通りです。
スッキリとした外観で、珈琲館を探すつもりで歩いているとちょっと見落としました。
横断歩道前、緑の看板が目印です。

 

f:id:pcfactory:20190806113731j:plain

店前にメニュー表がありますが、ここでじっくり考えてはいけません。
何故なら店内により詳しいメニュー表があるからです。注文するものを心に決めているのなら止めませんが、
私は入ってからブレました。店頭のメニュー表の3倍くらいの情報量を覚悟してください。

 

f:id:pcfactory:20190806113735j:plain

入ってすぐ右のカウンターでオーダーをします。
店員さんのお揃いのボーダーシャツがかわいい。
今回の注文はアボカド&シュリンプのクロワッサン(480円)と炭火珈琲のアイスをレギュラー(400円)
トラディショナル・ホットケーキってなんだろう。
注文後は左にずれて待ちます。フードメニューは時間が必要なため、番号札を渡されます。
通常の珈琲館とは異なり、セルフなのでがんがん動きます。

f:id:pcfactory:20190806113739j:plain

店内は奥に広く、手前に小テーブルとカウンター、中央に大テーブル。テーブル席もあります。
客層は立地の影響かお店の雰囲気のせいか外国人が多め。

 

f:id:pcfactory:20190806113743j:plain

炭火珈琲。プラスチックのカップでカジュアル感が先行しますが、
中身は珈琲館。おいしいです。

f:id:pcfactory:20190806113746j:plain

やや待ちクロワッサン。

f:id:pcfactory:20190806113748j:plain

感想メモを紛失してしまったためうっすらとした思い出しか書けないのが心苦しいのですがえびもぷりぷりでした。
座った場所が斜め横に小さなテーブルがあるタイプの席だったのはちょっと失敗したかなあと思いました。
ナイフとフォークでは食べづらいので次はちゃんと目の前にテーブルがあるところに座ります。

お昼にしてはちょっと少ないかなという印象ですが、
お腹いっぱい食べたくない時には良い感じでした!
トラディショナルなパンケーキも食べに行きたいです。

なお、通常の珈琲館も青山通りの方面にあるので、
気分によって使い分けても良いかもしれません。

 

店名/VELUDO COFFEE-KAN
営業時間/7:30~23:00
渋谷パソコン修理工場から徒歩/9分程度
来店日/2019.03.22

 

 

-------------------------
twitter運営中!フォローお待ちしてます(ё)▼
【Cybaba公式アカウント】
デザイン担当の梅子が管理しています。よく何かを食べています。
弊社のサービス・日常を知りたい方はこちら!
@Cybaba公式アカウント

【渋谷パソコン修理工場アカウント】
サポート担当が管理しています。パソコン・修理について知りたい方はこちら!
@渋谷パソコン修理工場公式アカウント